生命保険無料相談窓口神奈川横浜

掛け捨てのお金は「損」なのか?掛け捨ては損しているような気分になりますが、でも掛け捨てにはならない貯蓄型の保険であっても、万が一、途中で解約すると結局、掛け捨てをしたのと同じぐらい(又はそれ以上)の損はしてしまうことがわかりました。
ではどうしてこういう結果になってしまったのかと申しますと、簡単に言えば、定期保険の保険料というのは、「保障」にかかってくる値段だということです。
それに対して、貯蓄型の保険のタイプですと、「保障」+「貯蓄」というタイプでして保険料が決めれているので、ですから、保険料は高額になっています。そしてもし解約すると、返戻金として返済されるのは「貯蓄」で掛けていた保険の部分だけなのです。
「保障」の部分は、お金を支払いそれを買ったわけですから、その代金の分は勿論戻ってきません。以上のことをちゃんと理解すれば、掛け捨て保険のお金は、本当の意味で「捨てている」わけでもないですし、貯蓄型の保険に比べて実際に「損」をしているわけでもないことがわかるはずです。
まとめ結果的に、「掛け捨てと貯蓄タイプの保険だと、どちらを選ぶといいの?」と言えば、次のように考えることができるでしょう。
必ず一生涯の保障のついた保険が必要とされるケース→貯蓄型 死亡した際に必要となる葬儀の費用や相続する時の為の対策などで、自分が亡くなるときの為に保険金が必ず必要と考えるなら、定期保険は選択すべきではありません。
例えば定期保険に加入し、更新し続けたとしても、必ずいつかは保険に加入できなくなる年齢に達してしまうからです。一時だけの保障でいい場合→掛け捨てタイプ 特に若い頃の間の一時期だけ保険に入っておきたいと考えている、それ以降は死亡保障は必要としないが、自分の貯金でなんとか生活する、という場合の方は掛け捨てを選ぶ事をオススメします。こちらの保険は保険料が安くて済むので、結果的にもお得です。
老後の生活に備えた貯蓄は自分で貯めたい場合では→掛け捨て 貯蓄型の保険は保証と貯蓄が一緒で成り立っています。この貯蓄の部分は、いわば保険会社に運用を任せているといった状況なわけです。
結果的には、解約返戻金は支払った額より多く返金されますけれども、貯蓄だけの事なら銀行でもいいし、多少のリスクを許容できるなら株や投資信託などさまざまな投資方法や資産運用の方法があります。
お金を貯めたい・多く残したいという事を、保険会社を使わずに行いたい場合は、保障だけを受けられる掛け捨て保険でいいでしょう。ただし、前で述べたように一生涯の保障が希望なら掛け捨ての定期保険を選んではいけません。