生命保険無料相談窓口神奈川横浜

掛け捨ての安い生命保険(定期保険)に加入すべきか、貯蓄性のある保険(終身保険など)に入るかは誰でも決めるのに時間を要するのではないでしょうか。どうしても掛け捨てですと不利になるのではないだろうかと考えてしまうものです。
貯蓄性のある保険は、保険料は高いものの、最終的に少しでも戻ってくるのなら貯蓄型の保険のほうがいいのかな?などと考える人も多数見えるのではないでしょうか。掛け捨てVS貯蓄型、このふたつの保険の内容について考えてみます。
掛け捨タイプてと貯蓄型タイプ、実際支払う保険料はどのくらい違うのだろうか?両者について、保険期間以外に違う点と致しましては保険料があげられます。・掛け捨てとは→若い頃は安いが、更新するたびにどんどん保険料が上がっていく。・貯蓄型→高めの設定だが、加入時から保険料がずっと同じ。
……といった特徴がそれぞれあります。では、保険料の差はどれぐらい誤差があるのでしょう。同じ保険会社A社で販売されている定期保険と終身保険とで比較してみましょう。保障内容は、どちらも、もし死亡・高度障害状態になってしまった時に保険金が保険会社から支払われるというもので、同じ金額(500万円)での試算として比較してみますね。
30歳の男性が保険に加入したものとみなして、定期保険のほうは10年ごとに更新をしていきながら30年の間、加入をしたとします。終身保険も、比較のために30年間加入した状況として考えます。30歳で加入をした時点での月額保険料は「1,190円」と「1万455円」ですから、10倍です。
かなりの差があります。それでは30年後、そ今までに支払った合計金額を比べると、定期保険は約76万円となり、終身保険だと376万円になりますから、結果的におよそ5倍の開きになっています。ですが、終身保険は絶対に解約返戻金がありますので、376万円を払い込んでいても、必ず返金されるお金があるのです。
実際の所はどれぐらいの額が戻ってくるのかは、保険会社に正式にちゃんとした見積もりを出してもらわないと明白にはわかりませんが、この保険では、60歳までを払込み終了期間としていて、払い済み後に直ちに解約した場合、返戻される金額が元本を超えて400万1,000円になるという契約例が保険会社A社のインターネットサイトに載っていました。
さらに、払込み期間中の中途解約ですと従来の70%になるとの記載がありましたので、約400万円×70%を、中途解約時の返戻金と考えて、そこまでは大きく外れていないでしょう。返戻金額は「400万円×70%=280万円」となりますから、支払い総額376万円−返戻金280万円=96万円が、戻ってこなかった金額ということになりますね。
という事は、定期保険で同じ期間で、同じ保障内容だと、支払った合計額が76万円だったので、この結果なら貯蓄型の保険よりも、定期保険のほうが得だったことになりますね。やはりどう考えても、終身保険だと契約途中での解約では損なのだと言えます。
いくら返戻金がもらえるとは言っても、特に最近の低解約返戻金型の制度の保険ですと、解約をしてしまうと、同じ期間、定期保険に加入をしていて掛け捨てにしたほうが損は少ないくらいで済む事でしょう。